プロジェクションマッピングの歴史

どこにでも自由自在に動画を映しだす「プロジェクションマッピング」(プロマ、PM)の人気が高まっています。光が強い高性能プロジェクターを何台も使い、専用ソフトで作った動画を、建物の外壁などに投影します。躍動する鮮やかな絵に、人々の目はくぎ付けとなります。

語源

「映像を投影対象に張り付ける」意の造語

プロジェクションマッピングは、「映像を投影対象に張り付ける」意の造語。映像のなかに建物を取り込むことで、映画館の平らなスクリーンでは味わえない、仮想と現実が入り交じる不思議な感覚が生まれます。

「ビデオマッピング」「3Dプロジェクションマッピング」とも

「プロジェクションマッピング」「ビデオマッピング」「3Dプロジェクションマッピング」などの呼称もあります。

プロジェクターが映像クリエイターを刺激

日本プロジェクションマッピング協会によると、プロジェクションマッピングのベースにある考え方や手法は実は古くから様々な場所で行われていました。プロジェクターが様々なクリエイターの手に渡った時から、それを使った新たな表現を求め、その流れの中で2000年ごろから自然発生的に生まれてきました。

ヨーロッパが発祥

欧州では2004~2005年ごろから企業の広告やイベントとして流行するようになりました。ヨーロッパで建築物への大規模なプロジェクションが試みられ始めると、それらの作品のスケールや完成度から大きなインパクトを与えました。

EMEAのファイナリストに

2015年には、「EMEA 最優秀イベントプロジェクト」において、ルーマニアの首都ブカレストの国民の館(ルーマニア国会議事堂)で行われた「iMapp 555(アイマップ555)」がファイナリストに選ばれました。

アジアにも波及

アジアにも波及し、市街地のビルを壊したかのように見せたり、壁を車が走っているかのように見せたりする映像は次々と動画サイトに投稿され、世界に話題が広がりました。

日本で

日本では普及が遅れていましたが、2011年7月にクリエーターらによる「プロジェクションマッピング協会」が設立されました。

原美術館や逗子の小学校

昭和初期に建てられ、優美な外観から「モダニズム建築」の傑作とされる原美術館(東京都品川区)で2011年10月に開かれたイベントでは、幅20メートル、高さ5.5メートルの壁がスクリーンになりました。また、逗子市の小学校や千代田区の専門学校などで、上映会が開かれました。

東京駅で火がつく

さらに、東京駅丸の内駅舎の外壁(幅120メートル、高さ30メートル)への投影で人気に火がつきました。

映像先進国といわれながらも、国内で取り組みが遅れていたのは、海外の都市に比べて、ネオンや商店の看板など街の明かりがまぶしすぎたことも一つの要因とされます。

鶴ヶ城の「はるか」

東京駅以外でも、2013年大河ドラマ『八重の桜』の舞台となった会津若松市の鶴ヶ城の「はるか」、世界遺産である京都の元離宮二条城でのプロジェクション・マッピングなど、歴史ある建物などでイベントが行われるようになりました。

震災復興の一環

はるか(福島県・鶴ヶ城)では、震災復興の一環としてプロジェクションマッピングが行なわれました。城の複雑な形状にあわせた映像が見事にマッチ。歴史が美しく表現されました。

プロジェクターの市場規模の推移

プロジェクター市場は、ホームシアター向け用途がけん引役となって、規模が拡大しました。ホームシアター用プロジェクター市場は2002年度で2001年度比倍増の25万台(世界ベース)となり、2003年度は35万台、2005年度には50万台に達しました。 その後も成長が続いています。